What's new

Welcome to Japan Reference (JREF) - the community for all Things Japanese.

Join Today! It is fast, simple, and FREE!

Question Video Games - Fighting Layer Characters Backstory ~Part 1~

Raadihr

Registered
Joined
8 Feb 2021
Messages
3
Reaction score
0
Is there anyone who could translate the character's story?

アレン スナイダー

なま暖かい風が吹き抜けていく海岸の桟橋にアレンは立っていた。自慢のもみ上げを風が擽る。

「これで俺も井の中の蛙だぜぃ。」暴走する勘違いがこのザウスアイランドという空間を『井の中』に見たて、その中の最強の『蛙』になる為に彼はここにやって来たのだった。

しばらく歩くと人影が視界に入ってきた。 アレンは大きな声で、前を行く漢に声をかけた。「あんた『井の中の蛙』だなぁ? って事は俺様のライバルでもあるって訳だぁ!」声をかけられた漢は振り返ってアレンを見る。

「なに言ってっか、知らねぇが…俺も退屈してたもんでな。 いっちょ、もんでやっか!」

アレンも吼える。

「おう、『朝飯前』だぜっ!」 !」


ブレア デイム

ヨーロッパ最大の財団の一人娘、ブレア・デイム。
連日開催される社交会に退屈を感じ、ふらりと旅行に出かけることにした。世界中に所有している別荘を転々としていたが 旅の気まぐれから、ザウスアイランドに。

ブレアは天性の感覚でザウスアイランドに何かを感じとっていた。
「この殺気の集まり方…ただ事じゃないわ」
その言葉とは裏腹にブレアの表情は楽しげに見える。

「『倶楽部』のレジャー施設でも建設しようかしら?」本気とも冗談とも取れそうな口調でブレアは執事に向かって笑って見せる。
「お、お嬢様…き、危険ではありませんか?」執事の心配をよそに、ブレアは軽いストレッチ運動を始めていた。
「大丈夫よ、セバスチャン。それより、急いで着替えの準備をしてちょうだい!」


テツオ カトウ

怒涛が激しく岩壁を叩きつけていた。
この時期、日本海は特に激しくなる。

一人の漢が岩場に仁王立ちしている。

「この島国には、もぅ俺より強ぇー奴はいないってことか……」

少し、虚ろな眼差しを打ち寄せる怒涛に泳がせていた。

しばらくして、手に握られている物に視線を向ける。

「蔵栖(ザウス)記……」 漢はその巻物に書かれている文字を口にすると、 大きく息を吐き瞼を閉じた。
再び、眼を開いたその眼孔には、もはや一点の曇りもない。
「こんな島には、もう飽きた!異人相手にいっちょ、もんでやっかぁ!」



ジョージ ジェンセント

ジョージは強く吹きつける風の中、 襟を立てその中で愛用のタバコに火をつけた。

ジッポを無造作にポケットの中に突っ込み、 サングラスを外すと自嘲するよう呟いた。

「なんて、ゴキゲンな場所なんだろうね。全く…」 煙を吐き出しながら言葉を続ける。

「署長も左遷先にはもう少し気を使ってほしいもんだぜ、いや…署長なりに気を使ってくれたのか…」

タバコをもみ消すと、海岸に背を向け奥へと歩き出した。

「この島の実態調査か、早いとこ済ませて帰るとするか。ネオンと排気ガスのないところには三日以上いるなってのがジェンセント家、300年来の家訓なんでね」



ホン ギルソン

ホンは幼少の頃から通い詰めていた道場の蔵の中から 埃まみれの一冊の書物を見つけた。

その書物には未知なる力を求めた先人達の記録が綴られていた。

しかし、その多くの先人達が「ザウスアイランズ」に渡ったのを最期に消息を絶っていることにホンは気付く。

ホンの中にある「武」に熱い血潮がそそぎ込まれていった。

「…この眼で確かめてやるぜ」 愛用のバンダナをいつもよりきつめに締め直すと、ホンは蔵を飛び出していった。

「眼前の武のこれを悉く打ち破り、その屠られし死屍の上にのみ存在する…」

文節の一部を暗唱するホンの口元には笑みがこぼれていた。



ラン インファ



婆の膝の上に座って話を聞かされる度に、幼い頃のランは胸を躍らせていた。



この物語は、ご先祖様がある島で次々に現れる大男や大蛇などを打ち倒して、最後に館に住み着いた龍を退治するまでの様子が綴られている。



実に細かく書かれた情景描写にランは幼心の中に「この物語は本当にあった話」だと信じてやまなかった。



立派に成長したある日、道場の師範から「ザウスアイランズ」の話を耳にしたランは、すぐさま旅の支度を整えると、港に停泊中の貿易船の舟底に潜り込んだ。



「すごいなぁ、やっぱりあの物語はホントだったのね」逸る気持ちを抑えながらも、ランは期待に胸を膨らませる。



「最初に出てくるのは何かしら……大蛇かな?それとも……」 ランを乗せた船は吸い込まれるように水平線の彼方へと消えていった。





ジャニス ルチアーニ



「アハハ、キャハハハッ!」 動かなくなった相手を目の前にジャニスは、恍惚な表情を浮かべていた。



おびただしい出血だ、おそらく死は免れないだろう。



「ハッ!」突然、ジャニスは振り向き、ナイフを投げた。


ナイフの先端が大きな樹の幹に突き刺さる。


樹皮と共に巨大な蠍がその身を二つに分け、落ちていった。



その様を楽しそうに見ながら、ジャニスは視線を空に泳がす。 西に傾く陽の光が空を


まるで血の様に真っ赤に染め始めていた。



「アタシはここ、気に入ったね」 この島に渡ってからは暗い路地裏で警察から身を隠す必要もなく、欲望につき動かされるままジャニスは破壊を繰り返していた。



草の鳴る音が聞こえたと同時に奥の茂みから、人影が現れた。ジャニスは樹に刺さった


ナイフを抜き取ると軽く舌を這わしながら、こう続けた。



「あんた、赤い色好き?」
 

bentenmusume

やれやれ
Contributor
Joined
12 Oct 2004
Messages
1,041
Reaction score
786
That's an awfully long passage, and I doubt any of us here with the ability to translate it have the time or motivation to translate it for free.

You could try Reddit (r/translator), but it might even be a bit long for there.

Your best bet is to probably use Google Translate (not really reliable, but better than nothing) and ask about any parts where the machine translation is spitting out something confusing or clearly wrong.
 

thomas

Unswerving cyclist
Admin
Joined
14 Mar 2002
Messages
11,076
Reaction score
2,342
Is there anyone who could translate the character's story?

 
Top Bottom