What's new

Welcome to Japan Reference (JREF) - the community for all Things Japanese.

Join Today! It is fast, simple, and FREE!

フーテンの寅

寝室にテレビが無いもので、毎晩DVDを見ながら眠りに 就く っていうのがお決まりのパターンなんだけど、
よく見ているのが故・渥美清が主演の人気シリーズ、男はつらいよ。
渥美の演じる中学中退のテキ屋、車 寅次郎が日本全国を旅して、行く先々で綺麗な女性に恋をするんだけど最後は失恋して、また一人旅に出る、、、
渥美が亡くなるまでに48本も作られた日本を代表する大衆娯楽映画。
一時期は年に2回、8月と12月に新作が公開されて中年層からお年寄りまでの観客に絶対的な人気を博してた。
俺も子供の頃によくテレビで放送されてたのを見た覚えがあるんだけど、当時はいまいちピンとこなかった。 やっぱり子供にはゴジラだとかガメラだとかの怪獣物が面白かった。
で、3年前頃、まだアメリカ合衆国に住んでいた時、 近所 の図書館で偶然ビデオを見つけて、昔懐かしさに借り て 見たらさ、これがもう素晴らしい! 子供の頃に暮らした日本への望郷もあったのかもしれないけど、涙が出てきた。
寅次郎と、倍賞千恵子が演じる腹違いの妹、さくらとの間のちょっとしたやりとりだけでもうウルウルw
やっぱりさ、人間少し歳を取ってある程度の苦労を経験しないと判らないものってあるんだよね。 家族とか人情とかっていう言葉はよく耳にするけど、あまりに容易に使われすぎてその本当の意味って言うのが薄くなってしまったみたい。 このシリーズの映画は、主人公が失望ばかりの人生なのにもかかわらず、出会う人々に家族や人情の暖かさを教えることで自分も救われる、みたいなテーマがあって、毎回最後は恋に破れ一人で旅立っていく寅さんが、深い悲しみや失望に負けずに生きていく姿に自分の人生をダブらせてオジサンは涙しちゃうんだ、これがw
今年の夏は、シリーズの舞台になってる東京葛飾区の柴又へ行って、寅さんの世界にどっぷりと浸かってこようっと! 寅さん記念館や寅さんの銅像なんていうのもあるらしい。 :D

Comments

There are no comments to display.

Journal entry information

Author
Ashikaga
Views
390
Last update

More entries in Language

More entries from Ashikaga

  • 親父、ごめん!
    俺の住んでる栃木県足利市内のガソリンスタンドはどこも凄いことになってます。 みんながいつも通りの給油をしていればこういう事態にはなってないと思う...
  • Suckers...
    2-3日前の晩、仕事から帰ってシャツを脱いだらプックリ と ピンク色の膨らみが.... あぁ、とうとうASHIKAGAも 大 人...
  • ピリ辛な生活
    昨日の午後、とあるブログで、「桃屋の辛そうで辛くない少し辛いラー油」という商品が紹介されているのを見た。これ、今物凄い人気で品切れ状態なのだそう...
  • The Unapproacheable
    So, I was in a supermarket the other night and was in line at the...
  • その町の少年は皆、 同じ髪型をしていた…
    ちょっと前に深夜のケーブル局でやっていたのをみてからすごく気になっていたのが「バーバー吉野」という映画。 「かもめ食堂」や「めがね」を撮った荻上...
Top Bottom