What's new

What is あいつ and そう refers to in this text

Joined
Apr 19, 2013
Messages
163
Ratings
1
I have a question about あいつ in the following text. Who does it refers to? With この人 the author means クリストファー・ヴァルゼライド, so I guess it is ゼファー? Also it is unclear to me what is the author means by そう?

そう、彼こそ──
「クリストファー・ヴァルゼライド、大佐……」
その名を口にするだけで舌が痺れ、熱い気概が呼び戻された。高潔な強者を前にした時、人は自然と畏敬の念を抱く。ゼファーは誰に命じられるでもなく、傷ついた身体で這うように彼の背後へと下がる。
階級の差や戦闘力の有無などという理由では断じてない。そうすることが真理だと、無意識の内に強く感じ取ったがための行動だった。軍属に身を置いてこの男を知らない者など、一人もいない。
帝国軍部改革派筆頭、始まりの星辰奏者、法の守護者……
軍人の理想、鋼の化身、断頭台、閃剣、光刃、アドラー最強……
あらゆる呼び名で尊敬と畏怖を集めた男を前に、そう語られるようになった理由を一目で悟った──この人は違う。 自分のような塵屑とは、何もかもが隔絶していた。
そしてそう感じるのは、対峙する二体の異形も同じである。彼を前にして視線を逸らすなどという愚を起こさないし、できやしない。 つまりは対等、発する圧力がつりあっている。
通常なら信じ難いが、それも仕方のないことだろう。なぜなら彼はあらゆるものが輝いている、太陽のような男だから。
目に宿る光の密度、胸に秘めた情熱の多寡、どれもが桁を外れている。定められた限界をいったい幾つ乗り超えれば、こんな領域に至れるのか……
帝国民を庇うように背を向けて立つその姿が、命に代えても皆を守ると何より雄弁に語っていた。
胸の高鳴りが止まらない。同時に、叫びたいほど恐ろしくなる。
彼と同じ軍服に袖を通していることさえ誰かに自慢したくなり、忌まわしい呪いのように感じる錯覚。
男が男に魅入られる瞬間とは、きっとこのようなことを言うのだろう。
だからこそ、別の理由で目が離せなくなった。
あいつよりも、怪物よりも、誰よりも──
この人はきっとそうなのだと、強く感じ始めていて──

Context: There are only 4 persons left: ゼファー, two 怪物 and クリストファー・ヴァルゼライド. クリストファー come to fight with two 怪物, and ゼファー is wounded.

 

Toritoribe

松葉解禁
Staff member
Moderator
Joined
Feb 22, 2008
Messages
14,837
Ratings
2 1,539
The reason why you feel unclear is that that's unclear. あいつ refers to someone other than those 4 persons. Isn't that mentioned previously or later, as same as what そう means?
 
Joined
Apr 19, 2013
Messages
163
Ratings
1
Maybe it is my lack of understanding, however there are wasn't any mentioning about あいつ, maybe it will become clear later in the story...
Anyway, again thank you very much.
 
Top